iPad AIR4 実戦ワークマシーン化

ドローンのコントローラーが主で、打ち合わせなどの際の資料などをたまに持ち歩く程度で使っていたiPad AIR4。

環境の変化に伴い、いよいよ(?)、主たるワークステーションとして稼働をする事になり、その為の環境のアップグレードを行った。

メインは、キーボード接続。
どうしても、iPad内のソフトウェアーキーボードだと、画面の半分近くを占拠されてしまうこともあり、作業に支障をきたす。

それに、キーボード入力に慣れていることもあり、iPad+キーボード環境に。
Mac Book Proを使えばいいと言えばいいのだが、どうしても重たかったり、小回りがきかなかったりする。

ただ、iPadを仕事で使おうと思うと、ソフトウェアーがどこまで対応出来るのかが不安であったのだが、色々調べ、イラストレーターの代替えアプリ、FTPアプリ、文章作成アプリなど、MaCと同等とまでは行かないが、仮設ワーク環境として何とか対応が出来るであろうアプリケーションを揃えることが出来、これで外出先でも仮作業を行えるかと。

特に、プログラムのスクリプトを触る作業と、脚本などの書くアプリの選定には、結構悩んだ。

iPad AIRにはSIMが入って居ないため、ネット環境も問題となり、新たにデータSIMで対応しようかどうしようか悩んだのだが、スマホを「格安SIM」に変更し、基本料金を下げた上で、データ通信料を多めに設定し、デザリングで接続することでiPadのネット環境を構築することに。

それでも、今使っているauの料金とほぼ同等か少し値段が下がる感じに。
実際どこまでiPadでネット環境に接続が必要になるのかは未知数と言う事もあり、今後、様子を見ながらプランの見直しを検討する予定。

ひとまず、これで外で作業が遂行出来るはず。

間違ってるよ、君のその感覚は…。

あまり詳細に書く事は出来ませんが、日本の「ビジネスシーン」は大丈夫か?
それとも単純に、俺が年齢を重ね「今のやり方」について行けてないだけなのか?
いや、決してそうではないことを切に願うわ。

じゃなければほんと「クズ」でしかないやん。

昨日の投稿の「お客様は神様です」にも関連するのだが、仕事に関する問い合わせがあり、丁寧に状況の聞き取りをし、最終的にどうするのか返信を待っていた。
ただ、希望依頼日まで数日しかないという中での出来事。
見積をお伝えし、それに対する反応があって以降、音信不通….。

まだ「お客」になる前の段階。
でもね、最終的に「成立」「不成立」かの連絡を入れるのが筋でしょう。

前日の段階で反応がないため、丁寧に「どうされますか?」と連絡入れるも反応無し。こちらとしては、ギリギリでも対応可能なように、機材の準備をし、充電も終えているのに。全くなしのつぶて…。
結局、問い合わせで指定してきた時間をすぎても、そして半日すぎた今もなんの音信も無し。
失礼すぎるだろう。

相手は一体誰なのか「匿名」だからわかる術も無し。
まあ、そういった「失礼」な対応の話しは、他の業種でも耳にすることはあるけれど、それでこの先ビジネスという以前に「人として」感覚を疑うよね。

ネット上のとある「仕事依頼マッチングサイト」からの問い合わせだったのだが、他のサイトでも、ビジネスを何だかんだ1日かけて準備して公開したら「サイト運営」から、「このサービスは、直接会う恐れのあるサービスな為取り下げました」と….。
最初耳を疑った。
「直接会う恐れ」って何?ビジネスやる上で、人と人とが会うこと無いの?

そのサイトは「ネット上で完結する (人と会うことなく)」を提供するサイトとのこと。
「動画制作」のサービス登録をしたのだが(そのコンテンツがあったから)、非接触でどうやって「動画制作」するの?
だったら、アニメとか、CG制作で「動画制作」じゃないやん。

なんか、1日かけて、記事書いて、準備した時間が一気に無駄になった瞬間。

ほんと、なんかおかしくなってるよ世の中。それが今のやり方でクールなんだというのであれば、ハッキリ申し上げておくが「それは違う」って言う事を。

「α6400」空冷仕様に

先週、仕事の問い合わせがあり、案件の内容から急遽購入した「小型空冷用ファン」。

その案件というのが、2時間越えのセミナーの撮影。
ウチのカメラに限らずだとは思うのだが、ミラーレス一眼での動画撮影時、長時間の録画を行うと、どうしてもカメラ本体の負荷により発熱する。
それが長時間継続すると「熱暴走」を起こして、カメラが自動的にシャットダウンをしてしまい、ある程度冷えるまで起動が出来なくなる。

過去に、撮影自体は途切れ途切れだが、ずっと電源を入れたままの状態で待機をしていた際に、やはり熱暴走でカメラが自動的に切れることがあった。

その為、問い合わせ案件だと、室内での撮影と言う事も鑑みて、途中でカメラが切れる危険性があったため、急遽対策を考えてこのファンを購入した。

結果的に、その案件自体は流れたのだが、折角、購入したし、今後の為にもカメラテストを行おうかと思い、設置をしてみたところ…。
小型のファンなのだが、それでもカメラに対してはでかすぎて、どうにもこうにも設置が出来ない…(汗
カメラ側の設置可能範囲が4.4cm×7.5cmが限界。
このファンが、5cm×7cm(外寸)だから、ギリギリの所で設置が出来ない….。

悔しすぎるのと、今後の為にと思い。
アマゾンを検索しまくり、カメラ側のサイズにフィットするサイズの「超小型ファン」と「ヒートシンク」をポチッた。
到着後、ヒートシンクの加工などが必要となるが、長時間録画に対応出来るカメラへと変身する予定(笑

お客様は…」一体何者?

三波春夫さんの名台詞として広くに広まり、多くの方が認知をしている言葉に「お客様は神様です」がありますよね。

この言葉を、揚げ足のように使う方が居ますよね。

そこで、面白い記事を見つけた。

その台詞のご本人である「三波春夫」さんのオフィシャルサイトに掲載されている記事。

「お客様は神様です」について

https://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html

認識を誤り、言葉だけを振り回すと、単なる「残念な人」になりますから気をつけましょうね(笑

新ステッカーデザイン追加!

新型コロナウィルスの第7波の拡大が続いている事もあり、この週末は、見事に家に隠ってWEBストアー用の新作デザインを作っていました。

気が付くとワンコの散歩以外、外出をしていないと言う生活…。
まあ、無理して外に出る必要もなく、地道な作業に没頭するには丁度よかった。

これからも、ちょくちょくと新デザインを追加して行きますので、ピピッと来るアイテムがありましたら、是非ストアーの方から購入よろしくお願いいたします!

http://www.phatfield.com/store/

Good!!! 貼り込み写真送って下さいました!

先週、WEB STOREをオープンして速購入いただいたお客さんが、写真を送って下さいました!
し・か・も!
そう! 激レア、超限定版の「Street Level New York ゴールド (既に売り切れ)」を愛車に貼り込んで下さいました。

ありがとう御座います!

http://www.phatfield.com/store

他にも、様々なアイテムありますので、是非ゲットしてください!

人生ってやっぱり面白いのは「崖っぷち」

最近、YahooやYouTubeで、やたらと「○○億円の車」みたいなトピックスが頻繁に出てくる。
たしかに、車は好きだから、それ系のコンテンツをクリックすることが多いからなのだろうけれど、自分の人生とはかけ離れ過ぎてるだけに笑えてくる。

フェラーリやブガッティ、ランボルギーニ等々、数億するような車を買える方はどんどん買って、経済を回していただければ結構。
ただ、同じ使うなら「国産車」で、日本国内の経済に注力していただければと(笑

しかし、この歳になって改めて「崖っぷち」って、メチャクチャしんどいけれど、メチャクチャ楽しいと言うのを体感している自分が居る。

もうねえ、ほんと笑っちゃうくらい「崖っぷち」に追い込まれている。八方塞がりだよなあと追い込まれ、プライドも糞もなく、自分を10段ぐらい下げてみた。
そうすると、以外と面白い世界が広がっているのに気が付いた。

自分的には10段くらい下げたように思っていたら、実は1段も下がってなかったり、逆に見栄張って10段ぐらい上のフリしてみたら、以外とそっちの方が「糞」なんじゃないかと。
同時に、その辺をうろついている人達って、逆に「可愛そうだなあ」とも感じた。
自分自身で手に入れた知識と手に持った技術を持っていて、そこに居る人達は凄いと想う。マジ尊敬のレベル。
でも、そうではない人達がウヨウヨ居て、背伸びしてそこに居る人達はほんと「大変だね」と同情でしかない。

ホント久しぶりに、New York時代を思い起こさせてくれるほどの「崖っぷち」まで追い込まれたのは久しぶり。
でも、なんとか踏みとどまれた気がする。(汗

そして、こういう時こそ、ほんと周りにいる人達の「立ち位置」が良く見えてくる。

そう言う意味では、今回色んな意味で、色んな事を学び、見ることが出来た気がする。
そしてそれは、ここからの人生において大きな意味を持っている気がしてならない。

さあ、昇りますか山。ゆっくりと一歩一歩着実に。

「BA.2.75」って……。

何かのアプリの開発バージョンのようになってないかい…(汗

新型コロナウィルスの最新バージョン「BA.2.75系統」別名「ケンタウロス」。
記事では「感染力」が強く、「重症化」しやすく、しかも、ワクチン接種で作られる「中和抗体」が効きにくいらしい….。

ダメじゃん….。

今爆発している「BA5」に紛れてこいつが広がってくると…..(汗

政府がどうするのかなんて、悠長なことを言っている暇はないよね。

何をしなければならないか、どうしなければならないか、普通理解出来るよね….。

いったい、あなたは何者ですか?

今に始まったことではなく、昔からそうなんだろうと思うのだが、なんだか「コンサルタント」なのか「アドバイザー」のつもりなのか、とやかく自分の主張を振りかざす人が多い気がする。
しかも、その業界以外の人間が、自分の意見があたかも正義かのように。

ほんと困ったものだ。

あくまでも例えの話しだけれど。

先日「WEBストアー」を立ち上げ、自分でデザインをしたステッカーを並べている。
そこでだ、WEB系でもなく、デザイン系でもない業界に居る人間がだ。

・あのサイトはどうのこうの
・あのシステムは云々かんぬん
・あのデザインだと売れない
・今のテイストじゃない

などなど….。

そんだけ知識があって、見識があるのであれば、自分でサイトを作る仕事をすればいい。
自分でデザインをして売ればいいじゃないか。きっと大もうけ出来るのだろうから。

実際にやっていて、見識がある人間であれば、まあ、まずそういう言い方はしないだろう。
なぜなら、それが出来るまでがどれだけ大変で、それだけの作業量と時間が必要なのかを理解出来るから。
その作業をして作った物を「一蹴」するようなことはしないだろうし、仮に「もっと、ここをこうした方が良い」というアイデアがあれば、的確にそう伝える事が出来るだろうからね。

その職種をやったことがない人間が、あたかも自分は見識があるかの様に、上から目線で物を言う奴。ほんと最低。

グダグダ言うのであれば、その前に、1個でも商品を買えよ。
その方が、よっぽど俺の助けになるのだから。

文句タラタラ並べられても、こっちは飯は食えないんだよ。飯の種にするために、こっちはギリギリの所でやってるんだから。

でもね、良いんだ。言わせておけば。
絶対に、将来そいつよりも稼いでやるから。

そういう奴に限って、そうなった時に猫なで声ですり寄ってくる。もちろん、こちらから御免だけどね。

本当にしんどい時こそ、周りの人間の自分に対する立ち位置が良く見えてくる。
そして、それは絶対に忘れないから。